Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
  1. ホーム>
  2. Writer Activities - ライター活動の記録
▼Writer Activities - ライター活動の記録
下記メディア様において、ライターとして活動しています。
主にレビュー、ニュース、レポート記事の執筆を担当しております。

お仕事の依頼がありましたら、下記メールアドレス、もしくはTwitterのダイレクトメッセージよりお願い致します。

▼Recent Posts ≪Last Update:2/17/2019≫
最新の掲載記事一覧(※2019/2/11〜2019/2/17)

◆だからゲームはやめられない【第10回】 〜3D酔いの地獄を味わいつつ、沢山の恩恵を得た傑作中の傑作『ゴールデンアイ 007』〜(BadCats Weekly)
◆【今日のスタート】本日発売!『アルケミックダンジョンズDX』のカワイイ&ヤミツキになる面白さに迫るインプレッション!開発者インタビューもあるよ!(STARTT)
◆だからゲームはやめられない【第11回】 〜『ゴールデンアイ 007』から足を踏み入れた、映画007シリーズの世界での意外な巡り会い〜(BadCats Weekly)
◆【PSVR】「Firewall Zero Hour」レビュー VR専用FPSという新時代の戦場がここに(Mogura VR / MoguLive)
▼Post Logs

≫もぐらゲームス:執筆記事一覧

≫Mogura VR / MoguLive:執筆記事一覧 Update(2019/2/17)

≫BadCats Weekly:執筆記事一覧 Update(2019/2/17)

≫STARTT:執筆記事一覧 Update(2019/2/17)

≫リアルサウンド テック:執筆記事一覧

≪もぐらゲームス≫
・フリーゲーム、インディーゲームのレビュー、イベントレポートを執筆。

◆指を動かすだけでも楽しいタッチアクションRPG『Severed』 片腕の女戦士が家族を取り戻す物語や、敵の四肢を奪う成長要素も特徴
◆可愛らしくも歯応え抜群なアクションゲーム『魔神少女』 奥深いやり込み要素にも挑戦だ!
◆万人におすすめなアクションゲーム『魔神少女エピソード2』 前作の魅力はそのままに、多彩なシステムを楽しめる
◆『Owlboy』フクロウの少年と仲間達の一大叙事詩を描く、開発期間9年の傑作アクションADV
◆「WiiUゲームパッドの真価」を堪能できる『U-EXPLORE SPACE ADVENTURES』は結末まで見てほしいステルスアクション
◆キーボード操作非推奨の90年代風ドット絵アクションSTG『Bot Vice』。絶対に息をついてはならない銃撃戦がそこにはある。
◆“キャラバン時代”のノスタルジー感じるSTG『Image Striker』古典的ながら初心者にもおすすめなバランスが光る
◆ニンジャがズバズバ敵を斬り、宙を舞う!『NINJA SMASHER!』はお手軽・爽快・やり応え抜群な探索アクションゲーム
◆鞭ではなく、耳がしなる!『ファラオリバース』はウサ耳トレジャーハンターの荒唐無稽・遺跡アクション
◆ゼルダ風アクションアドベンチャー『オーシャンホーン』 短いボリュームの中に詰まった「冒険の醍醐味」とは?
◆「東京インディーフェス」で見つけた注目のゲーム7選
◆もしも90年代の有名シューティングゲームの機体が、他ゲームの敵と戦ったら…? 野心作『MoonStriker』を紹介
◆直球でお手軽、誰でも遊べるほんわか系ステルスアクション『まるとさんかく』
◆ギリシャ神話の女神が銀河を駆ける!?レースゲームじゃないようでレースゲームな怪作『The Next Penelope』
◆“純血種”ながらも軽快操作な魔界アクションゲーム『マルディタカスティーラ』
◆夫婦と猫二匹が生み出した『Salt and Sanctuary』は、高難易度アクションRPGの入門に適した傑作
◆“女性野球選手VSエイリアン” 地球存亡をかけた壮絶なる死闘がここに!?ご意見無用・突っ込み上等の破天荒アクション『Aliens Go Home Run』
◆悪の魔導師に支配された異世界を救え!ファミコン風探索型魔法アクションゲーム『Alwa’s Awakening』
◆「東京ゲームショウ2017」注目のインディー作品8選
◆デジゲー博2017で見つけたイチオシの同人・インディゲーム11選
◆短編フリゲSRPG『マリィと賢者の森』 “何かが足りない魔法少女”と“ヘンテコ仮面精霊”の悩める旅路
◆1930年代のカートゥーンと1980年代のアクションゲームへの狂気に等しい愛情に溢れた大作『Cuphead』
◆推定300体以上のエイリアンを一機の戦闘機で返り討ちにする、オシャレな”ばくれつ”シューティング『Graceful Explosion Machine』
◆もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2017年おすすめフリゲ・インディゲーム20選
◆もし、アナタが真正のマゾであるなら、『Sundered』は極上の”くっころ”を味わえるイチオシのARPGだ。
◆”さいきょうのヒーロー”に憧れる「残念少女」の殺戮劇!? 問答無用の痛快アクション『Bleed』
◆ヒーローの座を守るための過激な防衛戦!爆裂魂特盛の演出で送るアクションゲーム『Bleed 2』
◆異世界転移したおっさんとショットガンは“伝説”になる。アクションアドベンチャー問題作『Shotgun Legend』
◆「TOKYO SANDBOX 2018」で見つけた注目のインディゲーム10選
◆台湾産ホラーアドベンチャー『返校 -Detention-』 歴史の闇を映し出す、恐ろしくも心に残るストーリー
◆ロックマンファンの作り出したローグライク・アクションゲーム『20XX』 コンシューマ版配信開始
◆遺跡考古学探索アクションゲーム『LA-MULANA』待望の続編、『LA-MULANA 2』配信開始
◆Nintendo Switchで探して掘り出す、良作インディーゲーム六選
◆理不尽な出来事を乗り越え誕生した、脳がかき乱される野心的STG『Dimension Drive』
◆妖怪を斬り倒して宙を舞い、ステージを突っ切れ!スタイリッシュ爽快忍者アクション『Ninja Striker!』
◆謎多き漆黒の幼子と共に永遠の夜の地を駆けろ。ストーリー性強めのハードコア・アクション『Light Fall』
◆「東京ゲームショウ2018」注目のインディーゲーム6選
◆視聴者の欲求を満たすべく、理不尽の洗礼を浴びろ。誰もがクリアできる闇深きアクションゲーム『ワンミニッツチャレンジャー』
◆新しくも懐かしく、(何故か)RPGの匂いもするドイツ生まれの個性派STG『Rigid Force Alpha』
◆デジゲー博2018で見つけたおすすめ同人・インディゲーム10選+『アクションゲームツクールMV』トークセッションレポート
◆王道と革新の異なるSTGが楽しめる、一粒で二度美味しい魅力が詰まった『VRITRA Complete Edition』
◆見た目以上に熱い展開目白押しのフリゲSTG『VASTYNEX』。五つの武装を駆使して、変形を繰り返す”ヤツラ”を撃ち落とせ!
◆よるしかあそべない、ふしぎなあーるぴーじー『ヨルダケ』 こんやも、さまようあにをおいかけます。
◆MSXの限界を追い求める伝説的な人物による新作にして、ユーモアたっぷりの探索アドベンチャー『タロティカ・ブードゥー』
◆もぐらゲームス執筆陣の選ぶ 2018年おすすめフリゲ・インディゲーム15選
◆長編フリゲRPG『デイドリームリバー』。一つの凄惨な事件を機に幕を上げる、恐怖と混沌の宴。
◆オセロから着想を得た、ユニークなシステムが魅力のカジュアル・アクションパズル『HASANDE PON! -はさんでポン!-』
△TOP
≪Mogura VR / MoguLive≫
・VRゲームのレビュー、バーチャルYouTuber(VTuber)紹介記事などを執筆。

◆全編ドット絵で描かれる唯一無二のVTuber「有栖川ドット」お嬢様の魅力
◆【PSVR】VRサイコスリラー「トランスファレンス」レビュー、問題を抱えた脳科学者とその家族に何が起きたのか?
◆コメントやスパチャで冒険を手助けできる、革新的でインタラクティブな生配信「有栖川ドットの冒険」レポ
◆【PSVR】「Firewall Zero Hour」レビュー VR専用FPSという新時代の戦場がここに New
△TOP
≪BadCats Weekly≫
・連載エッセイ「だからゲームはやめられない」のほか、ゲーム・映画レビュー、イベントレポートを執筆。

◆だからゲームはやめられない【第1回】 〜一つの勘違いから長き付き合いへ〜『ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』の思い出〜
◆だからゲームはやめられない【第2回】〜時流に翻弄され、最大の好機を失った不遇の傑作『レイマン レジェンド』〜
◆だからゲームはやめられない【第3回】〜たった一つのガラス片に激怒し、打ちのめされた『超執刀カドゥケウス』〜
◆だからゲームはやめられない【第4回】 〜10年近く探し求め、遂に身を投じた荒野の大激闘『ワイルドガンズ リローデッド』〜
◆ハロウィン映画レビュー(1) 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』
◆だからゲームはやめられない【第5回】 〜気軽にできる嬉しさとゲームだからこその有難味をゲームボーイ版『ゴルフ』で知る〜
◆だからゲームはやめられない【第6回】 〜何十年もお世話になった玩具屋での最後のお買い物『ワイルドアームズ アルターコード:エフ』〜
◆だからゲームはやめられない【第7回】 〜8年越しの復活と「『答え』のあるアクションゲーム」を再追求した最新作にして傑作『ロックマン11 運命の歯車!!』〜
◆だからゲームはやめられない【第8回】 〜RPGなんて大嫌いだ。『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』との馴れ初めと数十年後の後悔〜
◆イベントレポート「Monday Night Streaks:『ロックマン11 運命の歯車!!』タイムアタック大会」
◆ゲーム『GRIS』レビュー 〜ゲーム的物語表現の極致に触れる、喪失と再生のアクションアドベンチャー〜
◆だからゲームはやめられない【第9回】 〜ゴッド・オブ・ウォーシリーズが描いた、復讐に燃える狂戦士と過去に悔いる不器用な父親の姿〜
◆だからゲームはやめられない【第10回】 〜3D酔いの地獄を味わいつつ、沢山の恩恵を得た傑作中の傑作『ゴールデンアイ 007』〜 New
◆だからゲームはやめられない【第11回】 〜『ゴールデンアイ 007』から足を踏み入れた、映画007シリーズの世界での意外な巡り会い〜 New
△TOP
≪STARTT≫
・連載特集「ゴールデンゲームハンマー」のほか、トレンド情報、新作ゲームインプレッション記事などを執筆。

◆「メぇぇぇ〜〜〜リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!!」クリスマスにインターネット・ミームとして拡散する『ロックマンX3』ネタの全貌とは!?
◆【明日まで】「Wiiショッピングチャンネル」サービス終了 Wiiのソフト・追加コンテンツの購入は1月31日(木)14時59分まで!
◆【連載】いまお手頃価格で遊べる名作ゲームをご紹介! ゴールデンゲームハンマー / 第1回:『ザ・デッドヒートブレイカーズ』(3DS)
◆【今日のスタート】本日発売!『アルケミックダンジョンズDX』のカワイイ&ヤミツキになる面白さに迫るインプレッション!開発者インタビューもあるよ! New
△TOP
≪リアルサウンド テック≫
・最新ゲームタイトルのレビュー、ガイド記事、イベントレポートを執筆。

◆30周年の今こそ『ロックマン』を始めてみよう 初心者にもオススメしたい、シリーズ入門ガイド
◆音楽好きも注目したい、日本語版登場が待ち遠しい海外インディーゲーム4選
◆『進め!キノピオ隊長』レビュー:名作パズルアクションの遺伝子を受け継ぐ、箱庭アドベンチャーの傑作
◆約13年の沈黙を破り再始動する、もう一つのロックマンーー『ロックマンX』シリーズの軌跡を辿る
◆唯一無二のゲーム機と別れを告げ、シリーズ最大の転換期を迎える『世界樹の迷宮』の今後を考える
◆短編アクションRPG『Minit』日本語版発売 60秒後の死と復活の無限ループから脱出せよ!
◆ベトナム戦争、火星探索、そしてゾンビ! 『ファークライ5』で遊べる、3つのスペシャルエピソード
◆インディーゲーム百花繚乱! 米国任天堂が発表したSwitch向け新作タイトルを総まとめ
◆PS4&PC版『428 〜封鎖された渋谷で〜』発売! 愛され続けるサウンドノベルの傑作が現行機に
◆“誰も死ななくていい、やさしいRPG”『Undertale』待望のNintendo Switch版登場 その魅力を解説
◆『ロックマン11 運命の歯車!!』の前に振り返りたい、“もう1つの9作目”=『ロックマン&フォルテ』
◆押切蓮介『ファイナルファイト』の魅力を熱弁! TGSカプコンステージで、名作ベルトアクションを大特集
◆新システム「視線」、自由度の増した「監視」に注目! TGS『囚われのパルマ Refrain』ステージレポート
◆新システム「ダブルギアシステム」でさらに面白く! TGS『ロックマン11 運命の歯車!!』ステージレポート
◆『逆転裁判123 成歩堂セレクション』マルチプラットフォーム化! 驚きの情報続出「特別法廷2018」レポート
◆傑作アクションRPG『すばらしきこのせかい』はなぜ愛され続ける? Switch版発売で歴史を振り返る
◆「ニンジャガム」が演出する駆け引きと戦術性! Switch向け対戦アクション『Ninjala』プレイレポ
◆スーファミの隠れた名作がSwitchで復刻! 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』プレイレポート
◆”もう一つ”の地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』プレイレポート 今度は人間との戦闘も!?
◆ロックマンゼロ、ゼクスのスタッフによる新作アクションRPG『Dragon Marked For Death』プレイレポート
◆『ロックマン11 運命の歯車!!』レビュー:8年越しの再起動を果たしたシリーズの新たなる一歩
◆アクションシューティングRPG『The Division 2(ディビジョン2)』 パッケージ版数量限定特典、聖地巡礼ツアーなどの新情報が発表
◆Switch版では『スターフォックス』とのコラボも 『スターリンク バトル・フォー・アトラス』2019年4月25日に発売決定
◆尖ったタイトル連発のユービーアイソフト、一年を振り返る『UBIDAY 2018』で“不意打ち”の発表も
◆『悪魔城ドラキュラXセレクション』レビュー 現行機に蘇るシリーズ珠玉の名作、しかし注意点も
◆【3DS版『ルイージマンション』レビュー】立体視対応で蘇った”緑の弟”初主演作
◆『THE QUIET MAN』レビュー:プレイヤーの作品に対する見方を問う、唯一無二の”問題作”
△TOP
≫トップに戻る≪