Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
◆This Weeks Update (2017/5/28)
■Weekly Notes
≫2017/5/22〜2017/5/28

■Collect Data Box
◇ゲームソフト備考録
≫スタッフリスト:1本追加(PSP)
▼ Weekly Notes (2017/5/22〜2017/5/28)


ブルーレイコレクションで一気に行ってしまうか、一本ずついくか。
既に『オクトパシー』を買ってしまっている自分の選択肢は後者だけでした。
とりあえず、『私を愛したスパイ』以降の五作は網羅しておきたいね…。
あとの二作は…気が向いたら、で。



ちなみにブルーレイと言えば、こちらも参上しております。
今日の再放送、見せ場回がラジオ特番に差し替えになっちゃって残念でしたね、ダクネスさん。
(色んな意味で)頑張り過ぎたんですよ…。

何はともあれ、あと二巻…。そろそろ、OVAの詳細も来るか。


≪Site Update Note≫

先週、「レビューを一本掲載予定です」と申しましたが、修正すべき箇所が複数見つかり、それなりの時間を割く必要が生じた為、データの方の更新に急遽、変更しました。修正が完了できれば、来週にも掲載したいと思います。

あと、データの方ではそろそろ攻略メモの更新も再開したい…。
ちょっとレビューを書いてない作品の攻略を足そうと画策中です。


≪Blog Update Note≫

2017/5/23〜2017/5/28の間にブログ『Box Diary』に掲載した記事のまとめ。

◆リトル・ラ・ムラーナ
◆【感想書き殴り】:『ブラスターマスターゼロ』(NS/3DS)
◆東京インディーフェスの備忘録
◆進捗メモ(2017年5月28日)
◆【今週の新作】:生存”錬金”戦略のお時間

エンディング後のモヤモヤ感とこれだけは言っておきたいという気持ち晴らす意図で、『ブラスターマスターゼロ』の感想を書き殴った。こういう私見に塗れた感想を書いたのも、ちょっとご無沙汰な気がする。他にも『アニマ:ゲートオブメモリーズ』に『ポケットモンスター ムーン』とか、単独記事にしておきたい感想が幾つかあるので、来週、準備ができ次第、投下してまいります。あと、大分時間が経ってしまったけど、『メトロイドプライム フェデレーションフォース』の感想もまとめておきたい。そろそろE3…シリーズの新作が発表されるか否かに期待がかかる瞬間が訪れるだけに。

◆「東京インディーフェス」で見つけた注目のゲーム7選(もぐらゲームス)

あと、紹介が遅くなりましたが、14日に東京・秋葉原で開催された『東京インディーフェス』のレポートが『もぐらゲームス』さんに掲載されました。自分は『TINY METAL(タイニーメタル)』、『助けて!タコさん』、『LIGHTFIELD』の三本の短評を書いています。宜しくお願い致します。『TINY METAL(タイニーメタル)』、ファミコンウォーズシリーズの新作を待ち望んでいる方ならば要チェックです。方向の概念と完全索敵仕様によって独特の味わいがありますよ…。

それにしても、今年は秋頃に行われるだろう『UBIDAY』も含め、イベント目的で秋葉原を数回訪れる年になるのか…と思ってたら、当の『UBIDAY』の今年の会場が渋谷に変更と発表されてビックリ仰天でございます。唐突過ぎる…。インディーフェスやもぐらゲームスさんでレビューを書いている方々とのお食事会で、先んじて二度も秋葉原に訪れたのが、この展開を招いてしまったのだろうか。…まあ、それは確実に無いだろうな…(汗)。何にしても、今年は今までと違うUBIDAYになりそうだ。とりあえず、『ファークライ5』が出展されるのなら、四の五言わずに出向きますよ…。


≪Game Play Log≫



『Kromaia Ω(クロマイア オメガ)』が一段落したから、『FlintHook(フリントフック)』に本腰入れようと思ってプレイするも、主人公のレベルが上昇する程度しか進展が無かった。もう、攻略し始めて二週間が経つけど、二人目の賞金首がなかなか倒せない。あのボス本体への攻撃チャンス時に放ってくるミサイルの軌道が嫌らしくて、回避行動を取ろうとしても当たってしまう。ショット攻撃で潰す手もあるけど、それもフック移動のタイミングによってはズレてしまったり、捌き切れなかった二発目に翻弄されたりするし。「クロノベルト」のスローを活用した時も同様。他の攻撃も落石が妙に嫌らしかったりと、どうしたら無傷の状態を維持してボスの体力を半分まで減らせるのか…なかなかベストな立ち回りが思い付かない。レベル上昇と共にスキルスロットが増え、ある程度、強化できるようになっても焼け石に水な感じがあるし…どうしたらいいのか。というか、この先の賞金首もこんな攻撃を仕掛けてくる面子ばかりなのか。それを思うと、相当な長期戦になりそうで気が重い。プレイ当初はエンディングまではそこまで難しくは無いのだろう…と思ってたけど、まさかネクロダンサーやローグレガシー並にトライ&エラーを重ねなければならない難易度とは想定外も良いところです。やはりローグライクに甘いものを期待してはならないってことか。何にしても、いい加減に撃破して三人目の賞金首攻略に入っていきたい。来週こそ、進展があって欲しい。これで全く同じ結果だったら、心にヒビが入るかもしれない…(汗)。

そう苦戦が続く『フリントフック』とは対照的に『毛糸のカービィ』、『少年鬼忍伝ツムジ』はスイスイと進む。後者は敵の本拠地に突入となったので、時間を確保できれば、数日中の内に一区切り付くかも。前者も特に詰まることなく進んでいるので(現在、エリア2のグラスランドの2コースを終えたところ)、一段落まではそう遠くなさそうに思える。でも、あまりにも手軽にゴリ押しが実践できてしまう低難易度はさすがにやり過ぎな気も…(汗)。毛糸の表現を追求したグラフィック、それにマッチした音楽は素晴らしいけど、もうちょっと刺激があっても良かったのではないのかとすら思う。特にボス戦。絶対にやられる心配がない(ゲームオーバーにならない)とか、それはアクションゲームとしてどうなんだ…?まあ、ビーズとチェインを意識すれば多少、印象が変わるけど…なんか「違う、そうじゃない」と突っ込みたくなる違和感がある。ドロッチェほど、派手なバランス崩壊、手抜きコースが現時点で見られないだけマシなのかもしれないけど、なんかモヤモヤする。これがクリアする頃にどんな感想を抱くことになっているのか。とりあえず、一気に進めていくとしましょう…。





あとは『ブラスターマスターゼロ』のモヤっと感を晴らす為に『ドウクツジマ』なる探索型アクションに手を出してクリアし、小さなラ・ムラーナとも言える完成度の高さに唸らされたり、『Hyper Light Drifter(ハイパーライトドリフター)』の苛烈な難易度に驚かされたりなど、新たに買ったゲームもそこそこに進めた。結果として、今週は衝動買いした『ドウクツジマ』しか一段落を迎えるものがなかったけど、ちょっと火曜から木曜にかけ、ゲームどころじゃない都合があったので、こうなるのも止む無し。来週は…とりあえず、ツムジに焦点を当てる感じで。フリントフックも…頑張りましょう。
≫Weekly Notes(過去ログ)

当サイトで使用されている壁紙・画像・文章などの無断使用・転載・コピーは固く禁じます。
当サイトは非営利目的で運営しています。取り上げているゲームの著作権は全て各メーカーが所持しています。
メーカー側からの削除・修正に関する要望があった場合は、直ちにこれに従います。