Written in Japanese. Japanese fonts required to view this site / Game Review & Data Base Site
◆This Weeks Update (2018/7/15)
■Weekly Notes
≫2018/7/9〜2018/7/15
▼ Weekly Notes (2018/7/9〜2018/7/15)


そろそろ、ジャッジくんのamiiboとかどうでしょうかね…。


≪Site Update Note≫

雑記のみの更新となります。


≪Blog Update Note≫

2018/7/9〜2018/7/15の間にブログ『Box Diary』に掲載した記事のまとめ。

◆暗殺者の信条 in スクールロード
◆進捗メモ(2018年7月15日)
◆【今週の新作】:”とあるアクションゲーム”の次は……

数多くの注目作が殺到し、地獄の一丁目と化していた9月27日。
案の定、予定を改めて撤退するゲームが今週に現れた。
しかし、それが個人的に購入対象にしていた『コードヴェイン』とは思わなんだ。寝耳に水にも程がある。既に幾つかトレイラーも公開されているから、普通に発売されるものと思ってた。しかも、新たな発売日が2019年って、幾ら何でも延び過ぎでしょうよ。そこまで時間をかけないとバランスが及第点に達しないほど、中身てんこ盛りな作りだというのか…。

いずれにせよ、これで当日の予定は白紙となってしまった。どうしよう…。次の週にロックマン11が控えているから、進行途上のゲームの攻略に集中するのがいいのかな…。或いは「そこは避けて別の日に改めろ!」と発表当時より強く思っていた、ニンテンドースイッチ版『すばらしきこのせかい』に手を伸ばすか。少し考えよう。まだ時間はそこそこあるし…。



あと、今週に印象的だった報せと言えばやはりこれだ。コンシューマ版『20XX』配信開始。長らくブログにて”とあるアクションゲーム”とボカして言っていた作品の正体はこちらでした。四月のTOKYO SANDBOXで架け橋ゲームズの御二方(代表のザックさん、アシスタントマネージャーの鶴田さん)とお話していた時、その頃に実施されて間もないPC版の日本語テキスト修正アップデートの件の感謝を伝えたら、同イベントに出展されてた『Dimension Drive』と同時期にコンシューマ版のリリースを予定しているとの耳より情報を教えてくれて。以来、この日を待っていました。けど、本当に世界同時配信を決め込んでくるとは思いもしなかった…。海外版の配信日が7月10日と、いつものeショップ更新日ではない曜日に設定されていたことから、この間の『Wizard of Legend』のような展開があるんでは……と睨んで、配信日前日の9日未明、eショップの更新を見張ってはいたけど、本当に来ちゃうだなんて、さすがは架け橋ゲームズと言うべきか。期待通りの展開になったのもあって、更新間もなくストアページが現れた時は思わず(小声で)叫んでしまうほど興奮しました…。Twitterでもその勢いのままツイートしてしまったほど。当日はタイムラインを大いに汚し、すみませんでした…。

◆ロックマンファンの作り出したローグライク・アクションゲーム『20XX』 コンシューマ版配信開始(もぐらゲームス)

そんな来たるこの日を見据えて書いた、コンシューマ版配信開始を告げるニュース記事が「もぐらゲームス」さんで公開されました。四月のTOKYO SANDBOXレポート記事の『Dimension Drive』の短評の最後の方で触れていた”とあるアクションゲーム”の答え合わせをしつつ、作品の魅力を簡単ながら紹介しています。



現在はニンテンドースイッチのほか、プレイステーション4、Xbox One、そしてPC(Steam)の全機種で販売中。見た目『ロックマンX』ですが、ローグライク要素により、似て非なる遊び応えを持ったアクションゲームになっています。同ジャンル好きは勿論、ロックマンシリーズファンも要プレイの傑作。間もなく発売される本家ロックマンXのアニバーサリーコレクションとのセットで、25年の歴史を誇る名作の影響を強く受けたインディーゲームを堪能してみましょう…!




≪Game Play Log≫

コンシューマ版『20XX』配信開始という嬉しい報せがあったこの一週間だけど、実はその裏で体調を崩したり、不意な寝落ちを繰り返して時間を無駄にすることに何度も見舞われた。進行途上のゲームもその反動を受け、明らかに体調面で悪影響を及ぼしかねない『アぺリオン・サイバーストーム』のプレイは中止。集中的にプレイするのを決めていた日に寝落ちした影響で、『大神 絶景版』と『Yono(ヨノ)』も全くプレイできずに終わってしまった。

結果的に今週は先週のSteamサマーセールで買ったシューティングタイトルを始めとする、軽めのタイトルを中心に進めた一週間に。ものの見事に予定は崩れてしまった。でも一応、サマーセールで購入したタイトルで二本、旧作漁り絡みで購入した一本、先週購入した新作一本の合計四本を一段落させることができた。



■Super Galaxy Squadron EX Turbo(PC)
何故か日本語名で表記されたボス達、16ビットテイストのドット絵で彩られたグラフィック、自重しない爆発エフェクトとそれに連動するコントローラの振動が一際印象に残った弾幕シューティング。この手のジャンルにしては珍しくダメージ制を採用しているのに加え、制限有りながら周囲の時間を遅くする特殊能力まで用意するなど、初心者や苦手意識のあるプレイヤーに優しい要素が取り揃っていたのも素晴らしかった。気軽に遊べる弾幕シューティングとしては、間違いなく頭一つ抜けた一本だったと思う。ただ、ステージがどこも似たり寄ったりで、変化に乏し過ぎる。敵のバリエーションもヤケに少なく、ステージが進む度に新たな敵が立ちはばかるスリルがあまり味わえなかったのにも物足りなさを感じた。それらが押さえられていれば、傑作・良作と即答できたと思うだけに惜しい。幾度かのアップデートを重ねた末の作品らしいけど、メリハリを付ける部分にメスを入れられない限り、佳作の域を抜け出せないんじゃないのかな…。



■ネコネイビー(PC)
空飛ぶ猫を操作してゆるキャラ軍団を撃退していく、設定の時点で突っ込み所満載過ぎる正統派横スクロールシューティング。これは正真正銘の傑作だった。シューティングとしては至って王道で、これと言って斬新なシステムや要素もない作りだけど、その分、ジャンルの醍醐味たる「避けて撃つ」、「撃たれる前に倒す」が徹底的に磨き込まれていて、純粋にプレイしていて楽しい。そして何より、爆発演出全般が素晴らしい……否、素晴らし過ぎる!もう、どこの花火大会だと言わんばかりにドカドカドンドン爆発しまくるので、メチャクチャ気持ちいい。特にボス撃破演出の自重のなさたるや!効果音も質感抜群だし、久しぶりに爆裂魂に満ちたシューティングを遊べて、それだけでも買った甲斐はあり過ぎたと思う高い満足感があった。この制作者とは美味い酒を飲めそうです(※だが自分は下戸)。それだけでなく、難易度もホドホドの手強さだし、ボリュームも一プレイ25〜30分程度とお手軽。そして、猫とゆるキャラ軍団はバッチリ可愛い(笑)。まさにSteamで配信されているシューティング作品の中でも三本の指に入る逸品だと思う。シューティングゲーム好きならこれはプレイすべき一品。Steamを導入して間もない人には真っ先に推したい一本だった。



■ミッキーとミニーのマジカルクエスト(GBA)
過去にスーパーファミコン版を何度もクリアしていて、その頃からディズニーのゲーム作品の中でも指折りの傑作という印象だけど、ゲームボーイアドバンスの移植版でもそれは覆らなかった。傑作です。むしろ、セーブ機能が搭載された事によって、オリジナル版以上にお薦めできる作品になったと思う。他のマジカルアドベンチャー2、3もこんな感じなら、是非ともプレイしておきたい…。特に個人的にシリーズ最高傑作と思って止まない3は何が何でも押さえねば。



■スチームワールドディグ(NS)
こちらも過去にニンテンドー3DS、WiiU版の方で何度かクリアしていて、瞬間的に時間を吸い取られる探索型アクションゲームという元からの評価に変化は無し。それ以上にフライハイワークスによる匠のローカライズが施されたことによって、決定版とも言える出来になっていた。そもそも、スイッチのハード特性の恩恵で全機種版の特色を全て持ち合わせた本作はある種、最強の存在と言えるのでは…。何にせよ、これから本作を遊ぶなら迷わずこちらを。ただし、繰り返しになるけど、プレイし始めれば止め時が分からなくなって一気に時間が溶けていくので、その辺は覚悟のほどを。



ちなみにクリア時の成績はこんな具合に。2時間切れなかった…。



また、『VOEZ(ヴォイズ)』と『ロックマンクラシックスコレクション1+2』、『シャンティ:ハーフジーニーヒーロー アルティメット・エディション』もそれなりに進んだ。『ゴッド・オブ・ウォー』もどうにか。



なお、『VOEZ(ヴォイズ)』はプレイ方針を先週から大きく変えて進めた。日記の解禁……一旦、止めることにしました。何やねん、難易度スペシャルでRank Aを10曲以上で達成とか。同難易度で幾ら頑張ってもRank Bが限界の人間には無理が過ぎるわ…。そんなこんなで、収録楽曲を全てプレイする方向で今後は進めていくとする。一応、そのリズムを取る感覚が分かってきたら、再チャレンジしようかな…と思う。ある程度進めたら、自らに試練を課すようにスペシャルをやり込むのもアリかもしれない。それこそ、かつての『ポップンミュージックポータブル』の如く。



シャンティも物語のキーアイテムとされた装置の部品が集まって来て、そろそろ大きな動きがありそうな雰囲気。それなりに時間を割ければ、来週には一区切り着けられるかもしれない。
ロックマンもクラコレ1の六作は全てクリアして、残りは2の四作だけとなったので、頃合いを見て一気に進めてしまうとする。ゴッド・オブ・ウォーは……まだ中盤にすら行ってなさそうだから、ゆっくり行きましょう。



他に今週は先の『20XX』を始め、新たに参上したゲームも始めた。
『20XX』はPC版で既に一区切り着けているけど、こちらもちゃんと最後までやっておきたい。同じくWiiU版でクリア済みの『進め!キノピオ隊長』もまた然り。一応、スイッチ版と3DS版の並行プレイを決め込みます…。

当初の予定では、自らに鞭を叩く勢いでアぺリオンを進めて一区切りつけ、『シスターズロワイヤル』に突貫するつもりはずだったのに、色んな事が重なって乱れに乱れてしまった。
そんな訳で、来週はプレイできなかった三本に時間を割いていきたい。特に『大神』は祝日の明日、一気に進めたる。決着間近な雰囲気を漂わせているシャンティとロックマンもまた然り。Steamサマーセール経由で買ったゲームでも、触りの部分をプレイしただけに終わった『Comet Striker』、『Juanito Arcade Mayhem』を進めていければ…。



特に『Comet Striker』は凄く良い手応えなので、じっくり堪能したい。サマーセールで買った作品の中で唯一の値引き対象外だったのだけど、定価で買ったことを全く後悔させない面白さ。これは掘り出し物を引き当てたかもしれん…。
≫Weekly Notes(過去ログ)

当サイトで使用されている壁紙・画像・文章などの無断使用・転載・コピーは固く禁じます。
当サイトは非営利目的で運営しています。取り上げているゲームの著作権は全て各メーカーが所持しています。
メーカー側からの削除・修正に関する要望があった場合は、直ちにこれに従います。